×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


第8回 地元を探検
大町・穂高周辺は熱かった!



早くも第8回目を迎える、オフロードバイクツーリング!


途中、カメラ不携帯の為 記録外のツーリングもありましたが

今回は丸1日地元林道探索を決行致します。
















朝4時に家を出て、5時にワンさん宅に集合です。

(私の家からワンさん宅までは、およそ50Km。それでも田舎者は、近所と言う・・・)

経験上、朝5時くらいから出発しないと時間不足になるのです。

何故なら、みなさん夜6時くらいには家に帰る事になっているからです。

それに、遊びは朝が命です!

早ければ早いだけ、1日お得なのです!








コンビニで朝食を食べ、非常食を買う





今回は地元の目の前にある山と言うことで、会長の案内で行きます。

















山に入ります





















山に入ること数分、崩れています。

大丈夫です。他にも道は沢山あるのです。

会長はこの一帯の山を知り尽くした人なのである。 たぶん






















時々、ブーツを脱ぐ癖があるワンさん。

覗いてますが、プレゼントは入っていません・・・

幼少時代のクリスマスの思い出から抜け出せないのか・・・





























既に遠い昔に閉鎖したモトクロスコースを見学。

ここで問題が・・・

私のセローのリアウインカーが・・・・















こけた時 曲がるので、エアロウインカーにしてありましたが

両面テープごと千切れてます・・・(珍しいトラブル)















応急処置で何か無いかと考える。






















ワンさんから差し出された物・・・・





















流石、神の手を持つと言われた男だ





























何の違和感も無い・・・・

流石 ゴッドハンドのワンさん・・・・神業である













どんどん行きましょう

























どうやら会長が、モロにこけた様です。

山の路面は、コケが生えていて非常にすべる場所があります。

ここでもワンさん、素早く診断してます。























奇跡的に、ミラーが割れただけで 後はほぼ無傷

さて、ここからが神の手 ワンさんの腕の見せ所です。


























手術中



































術後


何の違和感もありません・・・

手術 成功です




























会長も大喜びです。























続いて、別のルートから長いこと登っていくと最後にこんな綺麗な光景が。






こんな山奥で、家族でキャンプしてました。

車も無いし、麓までかなりの距離がありますが・・・

















下りる途中、ワンさん 久々に豪快にこけました

カメラを向けられた事に気づき、すかさず立ち上がる。

神業的ではあったが、絵的にこけた形跡があります。





























こけた形跡。

生きた証とでも言いましょうか・・・・

ナンバープレートが、跳ね上がってます。

まぁ、これはセローの弱点ですね。

こけるとナンバープレートが曲がるんです。






















行き止まりだったり・・・・





























仕方ないので、雲の上まで来て見ました。

かなり標高高いようです

人っ子一人いません。

そりゃそうです。ここに来る入り口自体、普通の人は分かりませんから。
























ひたすら進む

ここから先は極秘ルート









































うぉ〜!熊だど〜    ・・・
























「フフフ・・・熊め、口ほどにも無い・・・」 一人二役


















非常に険しい山道です

























雰囲気出てます






















時速30Km程度で進みます
































約1時間のオフロード区間を抜け、無事下界へ

みんな抜けきった爽快感で、テンション上がります。

しかし、この先待ち受けている山は そんなに甘くは無いのでした・・・






























「とりあえず昼にするじゃ〜ん」と言うことで、

会長お勧めの蕎麦屋「たかみね」








お値段お手ごろ、おばあちゃんがやってる蕎麦屋です。

写真では分かりませんが、正面のワンさん 実は暑くてズボンを脱いでます。

もも引き一丁です。























そして、午後の部です。

午後はますますハードになっていきます・・・

と言うか、なってしまった。








































ここまでは、決まってます
















「助けてくれ〜〜」

「おい!たのむよ〜」

情けない言葉が山に響き渡ります・・・










会長もえらく登ったもんです。



何故か、違和感のあるワンショット。

3Dか?
























林道と言うより、ブッシュ。

ず〜っと、こんな感じ





会長は やる気満々




























最も精神的に難所

幅50cmくらいでしょうか?

距離は10m程ですが、落ちたらバイクは終わりです。

だんだん、ワンさんのテンションが下がりはじめてきます。


































ミラーがあるって事は、昔は道だったんでしょう。

進める気がしてきました。






















ほぼ、徐行に近い速度で進みます























途中、高さ50cmくらいの岩の段差と出くわす


ここを下りるのはいいが

もし、先が行き止まりだったら

この岩を登る事は、至難の業である

ほぼトライアルだ。


と言うわけで、歩いて先がどうなってるか調べてみた。






















それが、これだ〜 






@











A












B














いや〜〜 マジ調べて良かったぁ〜

100mくらい歩いたら完全通行不可能

「これで帰れるど〜」 ワンさん一安心!


















さて、バイクに戻って一服でもしますか。





























非常にブルーなワンさん

「口癖のように高所恐怖症を訴えている」








心配そうにワンさんを見つめる、我がセロー












お構いなしの会長



































帰りは1度通った道なので、以外にも早く脱出

























出口


おかしなワンショットである・・・

わざわざ土手を登るまでもない・・・

これは特殊な田舎者の例である

または、田舎者の七不思議である


















このショットにも違和感が・・・


たかが地元ですが、無事生還しました。


たった2つの山に行っただけですが、1日使い切りました。

恐るべし田舎です・・・

























その後、調べたい林道があったので探索




























                        トレズン マイ?


下界に戻りスーパーで休憩して、解散です。

いや〜 今日はやったって感じだね〜

しかし、予定の半分もこなせない程、地元は熱かった!






実は、まだまだ始まったばかりのオフロードツーリングだが

今年、みんなと行くのは、恐らく今回で最後になろうとは・・・










次回へつづく