×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


田舎者、月夜沢林道へ行く



週末になると結構暇なものである・・・

そんな時、私のような田舎暮らしには非常に困るものです。

仕方が無いので、神様に一声かけるのです。

「2時間ほどバイクに乗ってくる」




朝9時頃、えっちらこっちら用意をして出発するのです。





いや〜 結構迷いましたが、何とか月夜沢に到着です。

既に11時近いです

木曾側からだと最初にこんな分岐点に出くわしますが、左です。

まぁ、分かっていても右にも一応行くんですがね・・・











ひたすら進むこと10分程でしょうか。

家の嫁が鎖を架けたと思われます・・・(予定の2時間オーバーしてます)

帰ることにしましょう。










折り返しで支線発見です。














御嶽山発見。

ん〜 写真が分かりづらいのが残念!








既に帰る気ゼロ



















地蔵峠を降りてきたら滝を発見。

実際は、かなり大きい滝ですが、今回はカメラの調子が悪いようです。









唐沢の滝といい、高さは100mです。

滝壺の前まで行けるんですよ。

非常に気持ちいいです。

タバコを吸う気にもなりません!ホント
















よく分からないが、ピストン林道が次々と発見されます
















野麦峠をひたすら登り頂上へ到着。

これが、結構長い坂なんです。

ここは、長野県と岐阜県の県境です。

この周辺、ガソリンスタンドが無いので、登る前に給油しないと楽しくなくなります。

こんなに長い峠を、昔は歩いて越えて諏訪まで出稼ぎに行ったようです。「あ〜 野麦峠」

しかも女なので、途中峠で出産してしまうことがあるそうなんです。

つまり「野産み」なんですね。

野産みの言葉が変化して「野麦」になったとさ。








現在、午後4時

完全に帰る気がないですね。











田舎の中ではレベルの高い田舎ではないでしょうか?

いい雰囲気出てます。

こんな所でベンチに腰かけ、缶コーヒーを飲んだら

家に帰ることなんて、頭からなくなります!














燃料も無くなってきたんで、木曽経由で帰ることに。














木曽駒高原の看板が目に入ったので、ついでに寄ってみた。

ま〜 別荘地ですね。色んな会社の別荘が密集してます。

なかなか探索しがいがあった中、こんなとこを発見しました。

たぶんココも、オフロードバイクじゃないと、行こうと思わない現場です。











さて、もう夜7時前なんで帰りますか・・・